べーシック人事・HRブログ

株式会社ベーシックの人事部ブログです

アウトプットする上で押さえておきたいシンプルだけど大事なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ベーシックの新卒採用担当の浅野麻妃(29歳、エジプト好き)です。

最近母と思考回路がシンクロしすぎてきて怖い今日この頃です。

f:id:fortissimoheart:20161017162646j:plain

前回はアウトプットすることに対しての心理的抵抗感について書きました。

 

hrblog.basicinc.jp

 

今回はアウトプットにおいてのテクニカルなポイントについて書いてみたいと思います。
ここでは、アウトプットを、何らかの手段(直接、ブログ、SNS、書籍など)で自分の考えや思いをあらわすこと、とします。

 

自分でハードルを高くしてない?

アウトプットに対して苦手意識を持っている人は多いイメージです。

アウトプットは難しいことでしょうか。

特に学生や入社して間もない新卒の人にとっては、「自分はまだまだアウトプットするほど大したことはしてきていない」という理由が挙がりやすいんじゃないかなと思います。
でもいつ来るかわからない”いつか”を言い訳にして先延ばしにするのはもったないです。
なぜなら、”今の自分”というのにはもう二度と遡って戻ることはできないので、この瞬間何を感じ何を思ったのかを残しておくことは非常に意味のあることだからです。
他にもアウトプットするメリットはたくさんあるので、それはまた後日まとめたいと思います。

 

私もここ最近定期的にこのブログを書くようになって、「いい文章書きたいな〜」とか「いい文章のポイントは何だろう?」と前よりも考えるようになりましたが、ググってみるとそれはそれは皆さん素晴らしい記事を書いているので、それはそれでferretのまとめをご紹介しときつつw、私はシンプルに一点だけにしたいと思います。

ferret-plus.com

 


一番伝えたいことは何かを明確にする

これは私がよく陥ることなんですが、書き進めていくと、あれもこれも書きたくなってしまって、書きながら「えっと・・結局何が言いたいんだっけ?」となってしまうことが結構あります。
もちろん最初に骨子は作ってから書き始めますが、それでも、です。
これはブログの話ですが、プレゼンでも直接の会話の場合でも同じだと思います。
一番伝えたいことを意識していないと、メッセージが曖昧になったり、容易に脱線したりします。
なので、まずはじめは一番伝えたいことは何かを明確にすることが大事です。

 

シンプル is best.

そしてその伝えたいことは、なるべくシンンプルな方が「伝える」という観点では効果的です。
例えば、下記のような内容を伝えたいとします。

 

英語学習において挫折する人の最大の理由は継続できないことにあり、挫折しないためには目標を持ち、スケジュールに組み込み、仲間を作ることが効果的である。

 

まとまっているようですが、これを説明していこうとすると、「目標設定の仕方」や「スケジュールの効果的な作り方」「仲間を作る上で気をつけるべきこと」など、いくらでも付け足していくことができてしまい、より複雑になってしまいます。

なので、この場合伝えたいメッセージは、

 

英語学習で一番大事なことは継続することだ。

 

くらいシンプルにすると良いでしょう。
英語で言うなれば、SとVは一つずつがオススメです。


さいごに

「伝えたいことを明確かつシンプルにすること」というと、それこそとてもシンプルですよね。

でも、このエントリを書いてる途中でも「いやいや待て待て」と 何回か再編成してるくらい、複雑にしてしまうことに陥りがちです^^;

自分でもシンプルに言えないことは、相手にもとっても理解づらいはずです。

これも練習なので、まずは頭でっかちになりすぎず、アウトプットを繰り返して推敲するのが良いと思います。